小児用の歯医者さんがいます

小児歯科というのは歯医者の中でもかなり年齢が少ない人を対象にしている歯医者になります。但し、それしかやっていない、ということは殆どなく、普通に一般歯科というのも併設していることのほうが多いです。さて、小児歯科なのですが、乳幼児期から、永久歯が生え揃うくらいまでの子が対象になります。その子たちの虫歯の治療とか予防、歯磨き指導といったことをすることになります。将来的にかみ合わせがよくなるように、ということを子供のときからしっかりとやっていますと何かとメリットがあります。ちなみに乳歯はどうせ抜けるものであるから、と手入れを怠る人がいたりするのですが、これは明確に間違いになります。下にある永久歯に影響があることは間違いありませんし、乳歯の虫歯が下の永久歯にいってしまうこともあります。ですから、子供時からしっかりと歯の手入れというのはしっかりと行うようにしたほうがよいのです。ですから、子供の歯医者はしっかりと小児歯科にいく、ということにしましょう。

Please donate some money for this author's hard work